日本財託の評判を探れ|損をしないためのノウハウ

つみきと紙幣

二つのマンション投資方法

投資用マンションを購入するには、大きく分けて二つの手法があり、目的によって購入するマンションが異なってきます。長期的に運用をするのか、もしくは短期的な運用にするのかを明確にし、目的にあったマンションを運用して行くと良いでしょう。

問い合わせをしてみよう

男女

入居率が圧倒的です

投資物件をインターネットで探していると、しばしば目にする不動産会社があります。それは日本財託です。日本財託は中古ワンルームマンションの販売と、その後の管理を行っている不動産会社です。自社でワンルームマンションを開発して販売することは行っていません。市場で中古ワンルームマンションを買い付け、メンテナンスをしたうえで、投資家に販売するというスタンスを取っています。多くの不動産会社と異なり、保有物件を自社のホームページ上に掲載していません。問い合わせをしてきた人に対して、いくつかの中古ワンルームマンションを紹介するというシステムを取っています。また、問い合わせをしてきたからといって、無理に営業をすることはありません。物件は紹介しますが押し売りはしないのです。この点が日本財託の評判の良さにつながっています。また、日本財託は管理でも評判が良いです。日本財託では17000戸を超える物件を管理していますが、その入居率は99%を超えています。これだけの入居率を誇る不動産管理会社はなかなかありません。評判の良さが広がり、多くの投資家が日本財託に関心を寄せています。中古ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、日本財託は問合せ先の候補として持っておくとよいです。不動産投資セミナーをしばしば開催しているので、まずはセミナーに参加してみることをお勧めします。このセミナーの内容も評判が良いです。

マンション模型

経済圏に投資をしよう

中古ワンルームマンションや1棟アパート等の収益物件を購入して、不動産投資をするのであれば、リスクを抑えるためにも、三大経済圏に分散投資をすることをお勧めします。その中でも、大阪に注目しておくとよいです。

男の人

不動産投資に重要な情報

家賃相場とは、賃貸物件の家賃の平均的な数値のことです。不動産投資のうち収入を得ることで収益を得るインカムゲインでは、この家賃相場を知ることが重要です。家賃相場よりも高い価格を設定すると利用者が減りますし、また安いと収益性を悪化させる原因になります。