日本財託の評判を探れ|損をしないためのノウハウ

ウーマン

不動産投資に重要な情報

男の人

収入=家賃である

不動産投資といってもいくつかの種類がありますが、このうち収益化して収入を得るインカムゲインを選んだ場合には家賃が収入となります。家賃を得なければ収入を得られないわけですが、この際にもっとも重要となるのが家賃相場です。マンションにしてもアパートにしても、また駐車場にしても家賃相場よりも高い場合には利用者が確保しづらくなりますし、かといって家賃相場よりも安い場合には本来得られる収益を削ることになります。このため実際に不動産投資をする際には家賃相場を調べて、投資をする金額と、得られる金額をシミュレートすることが重要です。家賃相場を知る方法でもっともわかりやすいのが、すでに利用されているものの家賃を見ることです。もちろん、その中には安い高いがありますが、平均すればその地域の家賃相場が自然と見えてきます。これらを鑑みて家賃設定を行うのがポイントです。なお、家賃相場を左右する要因としては、立地や物件の特徴によって左右されます。立地としては公共交通機関が利用し易いところ、道路が整備されているところの方が高くなります。物件としては築年数が新しいほど、また広さや建物の構造などが価値が高まります。特に構造は堅牢であるほど高くなり、特に耐震性の高い建物ほど家賃は高く設定できます。また建物は古くてもリフォームやリノベーションなどを行い設備を一新していれば、それだけ高い家賃が設定されます。一方で季節的な要因もあり、1月から3月までは入居希望が多くなるため相場が高くなる傾向にあります。